Homeスポンサー広告国内編>熊本・鹿児島旅行 (タビゴト)その2。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thu2012.05.24

熊本・鹿児島旅行 (タビゴト)その2。

九州旅行の記録です。

興味のある方は続きをどうぞ。







*
2日目は熊本駅から鹿児島中央までSLを乗り継いでの移動。
この度一番のハイライト。
SL人吉へ乗車。

sl.jpg

撮り鉄らしきお兄さんについて行ったら、いいアングルで撮れました(笑)


人生初(たぶん)のSLに大興奮。
それにしても、1両目は石炭臭くてちょっとだけしんどかったー。
乗る際は、2号車以降をおすすめします。
車窓には川がずーっとあって、川に沿って走っていきました。
名物らしい星条旗を運転席から振って並走する軽トラックおじさんや、
撮り鉄のお兄様方、おばちゃまに将来鉄ちゃんになるであろう少年。
みんな楽しそうだったー。(もちろん自分達も。)

夢叶ったり、ですわ。

人吉駅で、いざぶろう・しんぺい号へ乗り換えて、途中まさき駅で記念撮影。

いざぶろうさんは超レトロ。
マニアックな方々しか乗ってませんでした。

sinpei.jpg

で、まさき駅・・・もとい真幸駅。
ひらがなとアルファベット表記だと、ドキッとする。

masaki.jpg



4時半過ぎに鹿児島に着いて、 目指すは黄熊のお店。
お店が見つからずアーケードをウロウロしてたら、
チュチュアンナの店員のお兄さんがやさしく教えてくれました。
とってもわかりやすい説明のおかげで、無事到着。
鹿児島といえば、白熊なんだろうなーと思いつつ、
甘ったるいのは食べたくないよね、とマンゴー味のかき氷黄熊にしました。
彼女の家だったかな。
店の名前が微妙…だけど美味しかったー。
噂には聞いていたけど、結構な大きさで3人でシェアして食べてちょうどいい量。

そのあと一旦ホテルへチェックインして、夜はロックウェルズへ。
観光庁のメッセージフィルム@翔ちゃんの鹿児島に出てきたお店ということで、
「どうせなら関連ある方が楽しいよね」と、潤担と二人で盛り上がり勝手に決めました。


19時頃お邪魔したのだけど、まだ早い時間だったようでしばらくの間貸切状態。
そこの店長さんが若くてビックリ。
二つくらい年下だった(笑)
お兄さんじゃないね、とか言いながらもお兄さんに絡む。
誰が聞くのー、とこそこそどーしよーって言ってたら、
いい感じに酔っぱらってきた斬り込み隊長の潤担が
『翔ちゃんはどの席に座ったんですか?』と質問。

やるときはやるのね…

店長さんはやさしく、ここです、と潤担の座ってる席を指し、にこり。
あらしっくがバレてからも、もじょもじょ恥ずかしがって全然聞けなかった。
で、もう1つ聞いたのが、『翔ちゃんは何飲んだんですか?』
残念ながら、マネージャーに止められ、お水だったそうです。
お店での滞在時間も15分位だったとか。
仕事中だもんねー、仕方ない。

そのあとの私達は、お兄さんに興味津々で終始質問攻めにしてました。
潤担曰く、お兄さんは私好みの顔らしく(自覚はないけど)、絡まされた(笑)
なにこれ、趣旨が違うんだけどーと思いながらも、
最後に「お兄さんと同じのください!」と、
調子にのって焼酎をロックでのをんだシオリンゴなのでした。
お兄さんもお姉さんも、店員さんはちょびちょび飲みながらお仕事をされてました。

夜も更けてきたので、お兄さんに別れを告げ、タクシーでホテルへ。
飲み足りなくて買ったぐりんを片手に、嵐さん見たくない?といつもの展開へ(笑)
鹿児島の夜景をバックに君僕コンを観ながら泣く痛い女子二人。
サマスプみたいねーって見始めたのに、サマスプ前の空高くで号泣。
酔っ払いすぎです、はい。
もはや、言い訳すら浮かばない。
いっつもこんな感じだな(笑)

そして、お風呂から出てきた友人。
その光景に引く一歩手前(笑)
いや、でも同志だからその辺は寛大でした。

つづくー。

スポンサーサイト

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://saltapple815ringo.blog47.fc2.com/tb.php/405-8ea4088c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。